FFFTPからの乗り換えにおすすめのFTPクライアント「FileZilla」の導入と設定

Filezilla

2011年8月31日を持って、日本でもっとも有名なFTPクライアント「FFFTP」の開発終了が宣言されました。

・FFFTP開発終了のお知らせ – Sota’s Web Page

私自身10年以上前にウェブサイトをはじめて作ったときに使ったのがこのFFFTPであり、開発終了には感慨深いものがあります。Sotaさん長年の開発お疲れ様でした。

とはいえFFFTP開発終了に伴って、新たに別のFTPクライアントへの乗換えを検討している方もいると思います。

とくにFFFTPはセキュリティ面に問題があるため、今後も継続して利用するのはおすすめできません。また初心者向けである反面、機能面ではほかのソフトに見劣りする部分もあります。そこで今回は、FFFTPからの乗り換え先としておすすめのFTPクライアント「FileZilla」を紹介したいと思います。

FileZillaとは

FileZilla(ファイルジラ)は、オープンソースのFTPクライアントです。
多機能かつ使いやすいソフトで、数年前から私はFileZillaをメインで使っています。

FileZillaの特長

FileZillaはFFFTPと比較して、以下のような利点があります。

FTPSに対応

FFFTPの最大の問題点が、プロトコル(接続方式)として基本的なFTPしか扱えない、ということでした。ウェブサイトを改ざんするとして一時期猛威をふるったウイルス「Gumblar(ガンブラー)」も、このFTPSに対応していないことが原因で起こった問題でした。これにたいしてFileZillaは、FTPに暗号化機能をくわえたFTPS(FTP over SSL/TLS)に対応しています。

SFTPにも対応

FileZillaは「SFTP」にも対応しています。名前が「FTPS」と似ているので混乱しがちですが、SFTPはSSHと呼ばれるセキュアな通信を使ったファイル転送の仕組みであり、FTPに暗号化を加えたFTPSとは異なります。SFTPを使うには、サーバー側がSSHを使えることが条件ですが、最近ではSSH対応の共用サーバーも増えてきています。

フォルダの同期機能

ウェブサイトをローカルマシンで作ってアップロードする場合、ローカルのフォルダ構成とサーバーのフォルダ構成を同じにするのが一般的です。この際、たとえばローカル側の表示をフォルダAからフォルダBに移動した場合、サーバー側でも自動でフォルダAからフォルダBへと移動してくれると便利です。これを実現してくれるのがフォルダの同期機能で、FileZillaには標準で備わっています。

このほかにも複数のホストと同時に接続できる、ブックマーク機能があるなど、FileZillaには便利な機能がたくさんあります。

FileZillaのインストール

  1. FileZilla公式サイトのダウンロードページから最新版をダウンロードします。(ここではWindowsのexe版をダウンロードしたとして進めます)
  2. ダウンロードしたファイルをWクリックすると「License Agreement」が表示されるので「I Agree」をクリックします。
  3. その後の設定ウィザードはすべて「Next」をクリックして進みます。
  4. 「Install」をクリックするとインストールが開始されます。
  5. 「Finish」をクリックするとインストールが完了します。

FileZillaの初期設定

FileZillaでウェブサイトを管理するには「サイトマネージャー」という機能を使います。
サイトマネージャーでは複数のサイトを一元管理できる上に、サイトをグループ化したり、設定をコピーしたりもできるためとても便利です。

  1. FileZillaを起動します。
  2. メニューバー「ファイル」→「サイトマネージャー」をクリックします。
  3. 「新しいサイト」をクリックし、自分で決めたホスト名を入力します。通常はドメイン名またはホームページ名にしておくと良いと思います。
  4. 右側の設定部分にて「ホスト」にウェブサーバーのホスト名を入力します。
  5. 「ポート」は空白で結構です。(もしFTPのポート番号を変更している場合は、その番号を入力してください)
  6. Protocolは通常は「FTP」を使います。(SSHが利用できるサーバーをお使いの場合などは、SSHを選択してもOKです。)
  7. 「Encryption」は「Require explicit FTP over SSL」を選択します。(FTPSにはexplicit/implicitという二通りがありますが、レンタルサーバーの場合「explicit」に対応していることが多いようです。explict/implicitの詳しい違いについてはこちらの記事を参考にしてください。)
  8. 「ログオンの種類」は「通常」を選択します。
  9. 「ユーザー」および「パスワード」にFTPアカウント名およびパスワードを入力します。+「詳細」のタブを開き、「標準のローカルディレクトリ」には自分のパソコンでHTMLをはじめとするサイトのファイルを置いたフォルダを指定します。
  10. 「標準のリモートディレクトリ」にはウェブサーバー上の初期フォルダ(通常は「public_html」)を指定します。
  11. 「転送設定」「文字セット」のタブに関しては、通常は設定変更の必要はありません。
  12. 「OK」をクリックするとサイトマネージャーに新規サイトが追加されます。
  13. サイトマネージャーの「接続」をクリックするとFTPでの接続を開始します。
  14. ホストに接続後、メニューバー「表示」→「同期ブラウズ」をクリックするとフォルダの同期機能が有効になります。

FileZilla以外のFTPクライアント

FileZilla以外では、SFTPだけでなくSCPというSSH接続にも対応した「WinSCP」も評判がいいです。ただ、FFFTPからの乗換えとしては標準で日本語化がされていないなど使いにくい部分があると思います。そのため今回はFileZillaをおすすめしています。

そのほかシェアウェアまで対象に入れると「NextFTP」はFFFTPと同じく国産FTPクライアントであり、また操作感もFFFTPに似ています。開発も精力的に行われています。有料ソフトではありますが、3ヶ月という長期のトライアル期間がついているので一度試してみるのもいいと思います。

Comment

  1. matta

    2012-09-25 13:06

    現在DSでネットショップを作っているので
    ためになりました

  2. [メモ]2013-02-16(土)の作業ログ | Web系男子の備忘録

    2013-03-14 19:30

    […] FFFTPからの乗り換えにおすすめのFTPクライアント「FileZilla」の導入と設定 | Sabakura Blog […]

  3. とおりすがり

    2013-05-08 18:02

    >FileZilla(ファイルジラ)は、Firefoxの開発元でもあるMozillaが提供している

    違います!
    FileZillaとMozillaは名前が似ている以上の関係はありません

  4. Ceefof

    2013-05-08 21:34

    ご指摘ありがとうございます。完全な私の思い違いでした。
    すぐに修正させていただきました。また今後は記事公開時により一層注意いたします。

  5. アップロード完了@テーマ作成102日目 – 変わるかな? | 変わるかな?

    2013-08-25 20:37

    […] FFFTPからの乗り換えにおすすめのFTPクライアント「FileZilla」の導入と設定 | Sabakura Blog […]

  6. 初心者wordpressテーマを作って学んだこと – 変わるかな? 変わるかな?

    2013-09-06 12:04

    […] FFFTPからの乗り換えにおすすめのFTPクライアント「FileZilla」の導入と設定 |… […]

  7. レンタルサーバー移転作業備忘録(ファイアバード→クローバー) - 30's 資格論

    2016-01-01 15:57

    […] ・超初心者向け!FileZilla(ファイルジラ)の使い方 ・FFFTPからの乗り換えにおすすめのFTPクライアント「FileZilla」の導入と設定 […]

コメントを投稿