Tiny Tiny RSSをエックスサーバーにインストール(詳細手順付き)

RSSリーダーとして人気のあったGoogle Readerの終了から早くも10ヶ月以上が経ちましたが、とりあえず暫定的に今まではFeedlyを使ってきました。

ただどうにも記事の取りこぼしがあったり、あるいは逆に古い記事を突然最新記事として読み込んだりと、フィードの読み込みが不安定な印象を受けます(最近はだいぶ改善されてきたようにも感じますが)。

またやはり特定サービスに依存してしまうと、サービス終了時に再び困りそうだということで、このたび自前でサーバーにインストールするタイプのRSSリーダーである「Tiny Tiny RSS」を導入しました。ちなみにオープンソースソフトウェアですので、誰でも無料で利用可能です。

必要環境について

Tiny Tiny RSSは、動作に際してPHP(5.3以上)とMySQLデータベースを必要とするため、その両方が使えるサーバーである必要があります。またRSSフィードの更新のためにcronも使えるところを選んでください。

今回はこのサイトを運営しているのと同じエックスサーバー上にインストールしましたので、それに沿って手順を解説していきます。ただし他の共用サーバーを使っている方の参考にもなるように、コマンドは使わずにFTP経由でのインストール作業を行っています。
※エックスサーバーであれば、管理画面からSSH機能を有効にしておけば、SSHクライアント経由でコマンド入力してより手早くインストールすることも可能です。

Tiny Tiny RSSのインストール

ファイルのアップロード

  1. 公式サイトの「Download tarball, v1.12」のリンクをクリックして、ファイルをダウンロードします。
    ※バージョンの数字は記事執筆時のものです。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍します。なお.tar.gz形式ですので、対応した解凍ソフト(例:Lhaplusなど)を利用する必要があります。
  3. 解凍したフォルダ内にある「Tiny-Tiny-RSS-1.12」のフォルダを「ttrss」にリネームします。
  4. FTPクライアントを用いて、レンタルサーバーのルートディレクトリ(通常は「/public_html」直下)を開きます。
  5. 「ttrss」フォルダをアップロードします。
  6. ブラウザを開き、「自分のサーバーアドレス/ttrss/install/index.php」にアクセスして、インストール設定画面が表示されるのを確認します。

PHPの設定とMySQLデータベース作成

  1. エックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)にログインします。
  2. 「PHP Ver.切替」をクリックし、現在のバージョンが5.3以上になっていることを確認します。もしそれより古いバージョンだった場合、「変更後のバージョン」で5.3以上を選び「バージョンを切り替える」をクリックしてください。
  3. 次に「MySQL5設定」をクリックし、「MySQLの追加」をクリックします。
  4. 「xxxx(ユーザー名)_ttrss」というデータベースを作ります。文字コードは「UTF-8」を選択しておきます。
  5. 「MySQLの一覧」に戻り、作成した「xxxx_ttrss」データベースにユーザーを追加します。なお今までユーザーを新規作成していなかった場合は「MySQLユーザーの追加」から作成してから割り当ててください。

インストールの完了

  1. 「自分のサーバーアドレス/ttrss/install/index.php」にアクセスします。
    ttrss-1-1
  2. 「Database type」に「MySQL」を選択します。
  3. 「Username」にMySQLデータベース作成時に割り当てたユーザー名を入力します。
  4. 「Password」にMySQLデータベース作成時に設定したパスワードを入力します。
  5. 「Database name」に「xxxx(ユーザー名)_ttrss」を入力します。
  6. 「Host name」に、レンタルサーバーで利用しているMySQLサーバー名を入力します。
    ※エックスサーバーの場合はサーバーパネルから「phpmyadmin(MySQL5)」を選んでログインすると、画面上部に「mysqlxx.xserver.jp」という形で表示されています。
  7. 「Port」欄は空白のままでOKです。
  8. 「Tiny Tiny RSS URL」欄に「自分のサーバーアドレス/ttrss/」を入力します。
  9. 「Test Configuration」ボタンをクリックすると、入力した設定でエラーが起こらないかがチェックされます。問題がなければ「Configuration check succeeded.」および「Database check succeeded.」と表示されます。
  10. 「Initiallize database」ボタンをクリックします。

ログインしてみる

  1. 「自分のサーバーアドレス/ttrss/」にアクセスします。
    ttrss-1-2
  2. 「ログイン」に「admin」、「パスワード」に「password」と入力します。
  3. 「ログイン」ボタンをクリックして、ログインできることを確認します。

以上でインストール作業は完了です。ただし、このままではパスワード等が初期設定のままのため変更の必要があります。またそのほかにもRSSフィードの更新や、他のRSSリーダーからのインポートなども必要となりますので、それらについては次の記事で説明します。

参照リンク「link.smartscreen.live.com」はメッセンジャーからのアクセス

先日、管理しているサイトのアクセス解析をGoogleAnalyticsで見ていたら、参照サイトの項目に「link.smartscreen.live.com」というものがありました。

見たことのないドメインだったのでためしにアクセスしてみたのですが、下記のように「このリンクに問題があります」と表示されて接続できません。

smartscreen-live-com

それで少し気になったので検索してみたところ、下記のページに答えが書いてありました。

As the link itself tells us, it’s associated with the Smart Screen Filter. The filter is a new initiative from Microsoft Live Messenger which detect phishing and other malicious websites among.
Link.smartscreen.live.com Referral – Let’s Geek

ようするにMicrosoftのLive Messenger内からアクセスがあった際に、この参照リンクが記録されるようです。おそらくメッセの会話中にアドレスが貼られ、そこから飛んできた、のだと思います。

なお、なぜ上記ドメインから参照されたことになるかというと、メッセから飛ぶ際には「SmartScreen フィルター」と呼ばれる、マイクロソフト製のフィッシング詐欺やマルウェア対策のフィルターが間に挟まるためのようです。

なおこのフィルターはどのサイトに対しても適用されるものであり、別に自分のサイトがセキュリティ上とくに問題あるものとして判定されているわけではないので安心してください。

Dropboxを無料レンタルサーバーとして活用する

Dropboxという有名なウェブサービスがありますが、これを無料のレンタルサーバーとしても活用できる、ということを最近知りました。

これが思った以上に便利だったので、ちょっとご紹介したいと思います。

Dropboxとは

Dropboxは、ファイルをサーバー上に保存できる無料のオンラインストレージサービスです。
ただし単なるストレージサービスではなく、複数台のパソコンで簡単にファイルを同期・共有できるシステムになっています。

もちろんDropboxを利用しなくてもLAN内であればファイル共有すればいいのですが、ドロップボックスだとLAN以外の環境でも簡単にファイルが共有できるという利点があります。

また通常の共有だと、複数人が同一ファイルを操作すると誤って上書きされたりといったミスが起こりがちですが、Dropboxの場合は「conflicted~」という別名ファイルを自動的に作成することで、上書きミスが起こることを防いでいます。

→ より詳しいDropboxの説明(Dropboxマニア)

Dropboxを無料レンタルサーバーとして活用する

このドロップボックス、じつはただファイルを保存できるだけでなく、HTMLファイルを保存することで、無料のレンタルサーバーとしても活用することができます。

しかも、通常のサーバーで必要となってくるFTPでのファイルアップロードのような作業も不要ですので、より簡単に利用することができます。

ドロップボックスをウェブサーバーとして活用する

1.Dropboxのウェブサイトからソフトをダウンロード・インストールし、アカウントを作成する。

2.HTMLファイルを作成する

3.作成したHTMLファイルを、「Dropbox」フォルダ内の「Public」フォルダに保存する。
※「Public」フォルダ以外は一般に公開されないフォルダのため、ウェブサイトの公開では「Public」フォルダに保存します。

4.ブラウザからDropboxのウェブサイトにアクセスし、ログインする。

5.ブラウザ上で「Public」フォルダを開き、ファイル一覧の「***.html」にマウスを合わせる。

6.右端の▼リストボタンから「Copy Public Link」をクリックする。

7.URLが表示されるので「Copy to Clipboard」をクリックしてコピー。

これでコピーされたURLが、Dropboxのサーバー上で公開されているURLになります。
あとはURLをメールなりブログなりで周囲に知らせればOKです。

以上のように、ドロップボックスを利用するとFTPなども不要で簡単にサイトを公開できます。無論、ドメインなどはDropboxのものになってしまいますが、とにかく臨時で1ページだけ公開したい、といったときには非常に便利だと思います。

補足

上記の手順は、ウェブサービスへの登録やHTMLの作成に慣れた方向けに、こまごました手順を省いてシンプルに書いてあります。

ホームページ作成が初めての場合など、もっと初心者向けの解説がほしい場合は、以下の記事も参考にしてみてください。画像付きで、とても丁寧に解説されています。

→ 超初心者さんへ!TextEdit(メモ帳)とDropboxでWebページを作ろう