HTMLタグをIMEに登録してコーディング速度をアップ

ウェブサイトを制作している人にとって、なるべくコーディングの時間を短縮したい、というのは共通の願いです。

HTMLをまとめて一気に生成するzen-codingなども、こうした要望から生まれたのだと思います。あるいは以前紹介したWPプラグイン「WP HatenNotation」なども、コーディング速度をあげてくれます。

とはいえ、こまかい部分での修正など、結局は地道にHTMLタグを手打ちしなければならない場面も多くあります。そんなときに役立つ小技として「HTMLタグをIMEに登録しておく」というものがあります。

HTMLタグをIMEに登録する

具体例を示したほうが早いと思いますので、実際に私が使っているものを一部紹介します。

  • ああ → <a href=””>
  • あ → </a>
  • h → <h3>/h3>(または<h4></h4>)
  • いめ → <img src=”” alt=””>

上記のように、特定の文字を変換した際にHTMLタグが変換候補に表示されるように設定しておきます。こうしておくことで、タグ打ちがとても楽になります。キーボードから手を離さずに入力できるということもあり、個人的にはHTMLエディタなどについているタグ挿入ボタンよりも重宝しています。

もちろん変換ルールに関してはきまりはありません。自分がわかりやすいように登録してもらってOKです。興味のある方はぜひいちど試してみてください。

ちなみに検索してみると、私以外にもこうしたタグのIME登録をされている方が結構いて驚きました。やっぱり人間考えることは似てくるものですね。以下のサイトなどはIME辞書の公開もされていますので、自分でルールを考えるのが大変という方におすすめします。

参考:HTMLタグを300%早く打つ方法~IME辞書の活用~ – Oblivionいじり アレコレ

参考:HTMLタグ > タグの単語登録 – タコの缶詰め

コメントを投稿