WordPressのパーマリンクURLにはカテゴリ名を含めないほうが後々便利

サイトリニューアルに伴ってカテゴリ構成の見直しを行ったのですが、これに際して「WordPressのパーマリンクURLにはカテゴリ名を含めないほうが良い」という結論に達しました。

なぜカテゴリ名を含めない方が良いか

WordPressではカテゴリ名を含めたURLにしていると、後からカテゴリ変更を行った場合に、URLそのものが変更されてしまいます。

たとえばですが、WordPressの「All in One SEO Pack」プラグインの設定に関する記事を書いたとして、これをWordPressカテゴリに分類するのか、それともSEOカテゴリに分類するのか(あるいはその両方か)、といったのは難しい問題です。

無論、タグで両方とも紐づけることもできますが、個人的にはカテゴリはカテゴリとしてきちんと分類したいので。

当初はWordPressに分類していたのに、後になってからSEOに分類しなおしたりすると、URLが以下のように変わってしまいます。

~/wordpress/123 → ~/seo/123

そうすると、はてブやTwitterなどのカウントもすべてリセットされてしまいますし、これまでの被リンク効果も薄れてしまう恐れがあります。

リダイレクトを色々といじることも考えたのですが、そんな複雑なことをするぐらいなら、たぶん最初からカテゴリ名を含めない方がスマートです。

パーマリンクURLの設定変更

カテゴリ名を含めず、シンプルに記事IDのみの表示(.htmlは付加)だけにします。

  1. WordPressのダッシュボードを開き、「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。
  2. 「カスタム構造」にチェックを入れます。
  3. 「/%post_id%.html」と入力
  4. 「変更を保存」をクリックします。

そもそもなぜカテゴリ名をURLに含めていたのか

これまでカテゴリ名をURLに含めていたのは、ささやかなSEO対策のつもりでした。

URLにキーワードを入れても検索順位上昇にはほとんど貢献しません。しかし、少なくともキーワードを含めておけば、検索結果でキーワードが太字表示されて目につきやすいと言われているため、これまではカテゴリ名を含めていました。

しかし、今回URL変更に伴う問題を認識したおかげで、そんな微々たる効果のためにカテゴリ名を含めるぐらいなら、いっそ省略したほうが良いという結論になりました。

なお、どうしてもURLにキーワードを含めたい場合は、毎回面倒でも投稿時に手動でパーマリンクURLにキーワードを英語で入れた方が後々管理が楽だと思います。

Comment

  1. HEALLYTEW

    2011-09-08 07:30

    非常に似て。

  2. パーマリンクの設定で考えたこと | snippets

    2012-08-10 11:50

    […] WordPressのパーマリンクURLにはカテゴリ名を含めないほうが後々便利 http://blog.serverkurabe.com/wordpress-permalink […]

コメントを投稿